LPO最適化とABテスト

PR|www.internet-marketing.click|

会社を経営するとなると、色々な数字の分析が必要になります。少なくとも、売り上げ数字などは分析をする必要があるでしょう。

売上以外にも、様々な数字があります。1日あたりの来店者数などは大切なデータですし、在庫量なども分析する必要があります。また来店者数に対するリピーター確保率なども、大きなポイントになってくるのですね。

ネットショップも、それは全く同じです。ネットショップの場合は、来店者数というよりもアクセス数が重視される傾向があります。そしてアクセスをしてくれた方々の何%がリピーターになってくれたか等の数字は、もちろん軽視できないでしょう。また粗利の数字なども、やはり軽視できない一面があります。

それらの数字を客観的に分析することは、やはりネットショップの基本なのですね。実店舗の経営でもそれらの分析が必要ですが、WEB媒体のショップもそれは全く同じなのです。

まずは数字に着目し、それを冷静に分析するのが、ネットショップが成功するかどうかに関わってくると思います。

マーケターがWebページ作成をしてある程度の期間が経つとWebページのアクセス解析をすることになります。検索エンジンやFacebookやTwitterなどのSNS経由、広告リンク経由で何人のユニークユーザーが訪問したかといったことを調べ、訪問者のニーズを読み取る必要があるからです。

ランディングページ最適化(LPO)という言葉がありますが、大事なのは訪問者が来たページのコンテンツを充実させ、自分のホームページ内を巡回してもらうことです。アクセスしてきたユーザーがどのページ内のどのリンクをクリックしたかを調べる有料ツールがあるので、こういった分析ツールを活用すれば訪問者の流れを視覚的に捉えることができます。欧米の有名マーケターはアクセス解析のみならず、ページ内分析ツールも併用してWebマーケティングを行っているのです。また、有料のものでなくてっも一部機能を限定させた無料で使用できるものも有ります。そういったツールを使用することも有効と言えます。

またどのようなランディングページが良いかの判断は実験してみる必要があります。AとBという2つのページを用意し、ランダムに訪問者へAやBというページを見せて、反応データを集めるABテストというマーケティング手法があります。ページの効果を測定するには、こういったマーケティングのテクニックが欠かせないのです。

<特別サポート>生命保険の口コミ.COM|エロチャット|生命保険の選び方|クレジットカードの即日発行じゃけん|内職|ダイエットジムフランチャイズ|アフィリエイト相互リンク|ページランク ランキング|内職 アルバイト|FXシストレ|GetMoney|相互リンク・Tie-up|副業ランキング|